松本竣介 ニコライ聖堂18
窪島誠一郎「繪摘み」 etsumi
「信濃デッサン館」「無言館」拾遺
 
信濃デッサン館・無言館の収蔵品を収録。珠玉の小文を添えた画文集。
村山槐多「猫を抱ける裸婦」(銅版エリオグラビュール)を添付。

上田紬をあしらった特装本
オリジナル銅版画「村山槐多 猫を抱ける裸婦」付き
(縦350mm×横250mm、手漉き和紙に柿渋引き、
エディショナルナンバー入り、信濃デッサン館監修印押印)
限定333 部(限定番号入り)

[造本]
判型:B4 変形(縦355mm×横255mm)
製本:特装上製
頁数:72
印刷:高精細美術印刷(カラー4 色)
用紙:高級美術印刷紙

[価格・発売]
本体:30,000円+税
発売:2013年4月26日
ISBN978-4-9905797-2-2 C1071

発行:書肆 壺中天
〒460-0003 名古屋市中区錦2-16-10 GS第一伏見ビル1 階
Tel&Fax052-203-9703
http://www.kochuten.ne.jp

[内容] ● 館長窪島誠一郎氏のエッセイ「繪摘みの記」
● 「信濃デッサン館」「無言館」の作品より30点(洋画、日本画、水彩画、デッサン画、彫刻等)
  を選び、鑑賞に適した高精細美術印刷にて再現
● 作品の対向頁には館長の思いが籠ったコメントを、手書き原稿の雰囲気そのままに掲載
● 見開き完結で作品とそのコメントが組み合わされ次々に展開する
● 30人の作家の略歴、掲載作品リスト
コレクター
蒐集家には狩猟派と投網派の二つがあるといったが、私はあえていうなら密猟派である。
人が愛している絵をそっと横取りするのである。ときとして、自分以上にその絵を愛している
と思われる人から、それを奪うことがある。こうなると、もうほとんど不倫である。
「繪摘み」より抜粋
■ 特装版
■ 普及版
 
山本昌男 内田鋼一 合作本「川」
写真:山本昌男
外函:内田鋼一(陶芸家)

■ 特装版
オリジナルプリント1点+FMスクリーン版作品30点
全点台紙貼りの大判(台紙サイズ:縦320㎜×横295㎜)
内田鋼一制作の特製函入り
佐藤友泰作の手漉和紙帯付
限定30部

[価格・発売]
本体:300,000円+税
発売:2011年8月10日


■ 普及版
FMスクリーン版作品 30点
A4サイズ(縦210㎜×横297㎜)
内田鋼一陶板はめ込みケース入り
200部

[価格・発売]
本体:30,000円+税
発売:2011年8月10日


協力:稲垣明彦
発行者:服部清人
発行所:書肆 壺中天
名古屋市中区錦 2-16-10 GS第一伏見ビル1階
Tel&Fax052-203-9703
http://www.kochuten.net/
編集:藝文書院 平出秀俊
印刷:株式会社サンエムカラー
プリンティング・ディレクション:三浦啓伯

手の込んだ特別仕様の帙箱等、詳しい画像は
下記のサンエムカラーさんの ブログをご覧ください。
サンエムカラーさんのブログ


【山本昌男プロフィール】
1957年 愛知県蒲郡市生まれ
15歳より美術への関心が芽生え写真撮影を始める
1993年 写真家として本格的に作品発表を開始する
以降、日本のみならずアメリカ合衆国を中心に
ヨーロッパ各国の画廊にて毎年作品展が開かれている
山本さんの近況はこちらから
http://www.yamamotomasao.jp/


【内田鋼一プロフィール】
1969年 愛知県名古屋市に生まれる
1992年 三重県四日市市にて独立
1994年 最初の個展を開く(名古屋・ぎゃらり壺中天)
以降、絶え間なく精力的に個展を重ね、
独特の感性が宿る作品は国内外で高い評価を得ている
460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-16-10 
GS第1伏見ビル1F
Tel&Fax  052-203-9703
E-mail    hattori@kochutencollection.com